カードローンとは

利用できるかどうかは本人の返済能力次第

カードローンは、一般に無担保金融商品と呼ばれるものの1つです。その名の通り借入れを行うに際し担保を必要とせず、また多くの商品においては保証人も求められません。そのため、定期的な収入があるなど利用者本人に十分な返済能力があると認められれば、不動産などの資産を持たない者でも利用できます。
また、たいていのカードローン取扱業者は、使途についての制限を設けていません。つまり住宅ローンや教育ローンのような特定の目的に対してのみ貸し出されるのではないため、利用者が自由に使いみちを決めることができます。
カードローンはさまざまな事業者が取り扱っていますが、代表的なのは消費者金融業者と銀行などの金融機関です。また、信販会社の中にも自身が発行するクレジットカードの保有者向けにカードローンサービスを提供しているところがあります。

キャッシングとの違い

なお、前記のような特徴を持つカードローンと極めてよく似た商品に、キャッシングというものがあります。
この両者については、カードローンがATMやCDなどを経由して資金の借入れを行うのに対し、キャッシングの方は口座振込などを利用して現金を直接用立ててもらうという違いがあります。また、返済に際してもカードローンは月ごとの分割返済、キャッシングは一括返済が原則となっています。
ただ、近年ではキャッシングカードなるものを発行してATMから借入金が入手できたり、分割返済が認められているキャッシング商品なども登場していることから、両者の違いは名称のみのものであって、実質的には同じ商品と見なしても差し支えありません。